【チャリ旅Vol.41】ふたりのおじさん。

東北編

 

 

 

 

おはようございます!

 

 

 

 

 

 

 

今日は走るぞー!!

 

 

 

 

 

 

 

41日目スタート!!!

 

 

 

写真を撮ったものの日数を

書き間違えるというね笑。

 

 

 

 

 

さてさて、今日は行けるとこまで行く!

できれば山形入りしたいなあ。

 

 

 

 

最初の目的地は

「国際教養大学中島記念図書館」

 

 

 

 

 

ここは一般にも解放されている図書館で

壁一面に本が敷き詰められ

まるで海外の図書館のようだと有名なんです。

 

 

 

 

 

こうゆうとこ行きたくなっちゃうんですよね。

 

 

 

 

 

向かっている道中。

こんなかわいい幼稚園がありました。

 

 

 

 

一面田んぼの中にぽつんと虹色の建物。

かわいいです。

 

 

 

 

 

ただ走っているだけでも、

こんな建物をみつけたり、

こんな所にカフェが!?

などなどいろんな発見があって楽しい。

 

 

 

 

 

図書館に到着。

他大に知り合いが居ない中入るというのは

ちょっぴり勇気がいりましたが、突入!!

 

 

 

 

こんな素敵な図書館があれば

さぞ勉強も捗ることでしょう。

 

 

 

 

 

蔵書は洋書が多く、

自分には読めないものばかりでした。

 

 

 

 

 

さすが、国際と名の付く大学なだけあります。

 

 

 

 

 

あとあと調べると、なんとこの大学の偏差値

全国の国際関連学部の中でトップでした。

 

 

 

 

 

 

自分はそんな所に

足を踏み入れていたのか・・・。

今更ながら怖くなりました。

 

 

 

 

 

あの場違い感はこのためだったんですね笑

 

 

 

 

 

図書館を後にして、

あとは宿泊地を目指すだけです。

 

 

 

 

 

途中の秋田っぽい景色。

 

 

 

 

田んぼと川。

これが自分の思う秋田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

3.40kmコンビニもスーパーも無い中を

ひたすら走りました。

 

 

 

 

 

民家があるのに電波が入らない所までありました。

ここに住む人はどうやって生活しているのやら・・・。

 

 

 

 

 

コンビニの前に謎のかかしの大群を発見。

 

 

 

 

夜この前を通ったら発狂ものですね。

絶対通りたくない。

 

 

 

 

 

山形に入る少し前の道の駅で休憩。

「道の駅 象潟」

 

 

 

 

 

読めますか?

「きさかた」って読みます。

 

 

 

 

 

ここの道の駅はとっても大きくて

足湯もあったのでそこで休憩。

 

 

 

 

 

ゆっくりしていると

おじさんふたりに話しかけられました。

 

 

 

 

 

世間話をしている中で、

自分の行こうとしていた場所よりも

ここの道の駅の方が寝やすいことが判明!

 

 

 

 

 

今日の宿が決定いたしました。

 

 

 

 

 

このおふたりのおかげで

快適な夜を過ごすことができました。

 

 

 

 

福島のこんちゃん埼玉のだいちゃんです。

無料露天風呂を回っているらしく

たくさんお話を聞けました!!

 

 

 

 

 

温泉に行きたい気持ちは高ぶるのですが、

温泉は本当に山の上ばかり・・・。

 

 

 

 

 

まわるのは車かバイクかな。

 

 

 

 

 

差し入れでビールとおつまみを頂きました。

 

 

 

 

人と話しながら飲むビールってのは

1人で飲むより数倍美味いですね。

 

 

 

 

 

飲み終わって会もお開き。

明日の朝車に来なよ!

と言われたのでまた明日行きます。

 

 

 

 

また明日!

 

 

 

 

(出費)

食費 1681円

 

総計 131,309円

 

 

 

 

(走行距離)

アプリがうまく作動していなかったようなので写真から

102.27km

計 2584.32km

 

 

 

 

 

最後に、ブログ村のランキングに参加しています。

↓↓こちらのボタン押してもらえると嬉しいです↓↓

目指せNo1!!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

 

東北編
Kazuyaをフォローする
大きなかずやの自転車日本一周

コメント

タイトルとURLをコピーしました